HSS型HSPにオススメの仕事を紹介します

勝又です(´∇`)

今回は僕と同じHSS型HSPの方々に向けたおすすめの仕事をご紹介したいと思います。

また、僕の実体験からHSS型HSPに向いてない仕事も紹介しています。

僕自身、自分に向いてない仕事を続けたことでうつ病になってしまった過去があるので、HSS型HSPの仕事選びの難しさはよくわかります。

悩めるHSS型HSP

新しい仕事に就いてもすぐに飽きてしまう…。

悩めるHSS型HSP

人間関係のストレスをため込んでしまい、仕事に行くのがつらい…。

このような方々が自分に適した仕事を見つける手助けができればと思っています(ˊωˋ*)

HSS型HSPとは?

HSSとHSPの両方の気質を持っている人のことです。

HSPとは?

HSPはHighly sensitive personの略で、とても繊細な人のことです。

HSPは性格の土台となる「気質」の一種で、生まれ持ったもので生涯変わることはないといわれています。

総人口の約30%が該当するといわれています。

HSSとは?

HSSはHigh Sensation Seekingの略で、たくさんの刺激を求める人のことです。

HSPの約30%が該当するといわれています。

HSS型HSPとは?

HSSとHSPの両方の気質を持っている人のことです。

総人口の約6%が該当します。

一見矛盾した性質のように見えますね。

診断テストを用意しましたので、是非やってみてください!

HSS型HSP診断テスト
もし安全なら、未知の新しい体験ができる薬をやってみたい。
会話によってはひどく退屈になる時がある。
行ったことのある好きな場所にもう一度行くよりも、好きにならないかもしれないけれど知らない場所の方へ行ってみたい。
スキーやロッククライミング・サーフィンのようなスリルのあるスポーツをやってみたい。
長い間家にいるとイライラする。
何もせずにじっと待っているのは嫌い。
同じ映画を二度見ることはめったにない。
あまりやったことのないことをするのが楽しい。
もしなにかめずらしいことを目にしたら、わざわざ寄り道をしてでも確かめに行く。
毎日同じ人たちと一緒にいると飽きてしまう。
君のやることは予測がつかないと友人たちに言われる。
知らない場所を探検するのが好き。
日課はもたないようにしている。
強い体験を与えてくれるアートに惹きつけられる。
気分を高揚させてくれる物質が好き。
思いもつかないようなことをする友だちのほうが好きだ。
新しい知らない場所へ行ってみたい。
もし旅行に行くお金があったら外国へ行きたい。
探検家になってみたい。
誰かが性的なジョークを飛ばしたり、性的なことを口にして、みんなが気まずそうに笑うような時でも、自分はそれを楽しいと感じる。

現在

女性
もし11以上の項目にチェックを入れたら、おそらく、あなたは刺激追求型(HSS)です。7以下であればおそらくHSSではありません。8~10の間だったら、たぶんあなたは両者の中間です。

男性
もし、13以上の項目にチェックを入れたら、おそらく、あなたは刺激追求型(HSS)です。9以下であればおそらくHSSではありません。10~12の間だったら、たぶんあなたは両者の中間です。

引用元:http://hspjk.life.coocan.jp/HSS-Test.html

HSS型HSPが抱える仕事の悩み

HSS型HSPは人口6%のマイノリティのため、周囲と感覚が合わず生きづらさを感じやすいです。

では具体的にどんな悩みを抱えやすいのでしょうか?

HSS型HSPが抱える仕事の悩み
  • 飽きっぽい
  • 人間関係に疲れてしまう

飽きっぽい

HSS型HSPは刺激を求めるため、毎日同じことの繰り返しだと飽きてしまいます。

僕自身も飽きっぽいことは自覚していて悩んでいたこともありましたが、HSS型HSPと

気づいてからは受け入れることにしました。

生まれ持った気質は変えられないので、自分に合った仕事を見つけることが大切です。

人間関係に疲れてしまう

社交的な一面も持っているので、HSPほど周囲に馴染むのに苦労しません。

しかし人間関係が長引くにつれ、関係を維持するのに疲れてきます。

HSS型HSPにオススメの仕事

HSS型HSPに適した職業には共通点があります。

HSS型HSP向きの職業の共通点
  • 自分のペースで働ける
  • ひとりの時間を確保できる
  • 単純作業よりも刺激のある作業が向いている

具体的な例を見ていきましょう。

HSS型HSPにオススメの仕事
  • 営業職
  • クリエイター
  • カウンセラー
  • 個人事業主
  • ブロガー

営業職

私の父は営業職をしていますが、決まったノルマをこなせばかなり自由に仕事ができるようです。

会社に行かずに直接お客さんのところに行くことも自分で決められるようです。

私自身、営業職と聞くと強いストレスがかかりそうなイメージがありましたが、職場によってかなり差があるのでしょう。

クリエイター

クリエイターは自分の頭の中にあるイメージを形にする仕事です。

新しいことにどんどんチャレンジするHSSの特性を生かし、誰にも思いつかないようなアイディアが浮かびやすいです。

カウンセラー

共感能力が高いので、相手の悩みを敏感に感じることができます。

相手の悩みが軽くなって、「ありがとう」と言われるとやりがいを感じられるでしょう。

ブロガー

ブログは資産になり、一度仕組みを作ってしまえば安定的に収入を生み出してくれます。

そうすると空いた時間を自分の好きなことに充てられます。

僕自身もブロガーで、好きなことを好きな時にして生きています。

稼げるブログを作るのは簡単ではないですが、その先にはストレスフリーな生活が待っています。

実体験に基づくHSS型HSPに向かない職業

企画開発

私は以前、企画開発の仕事をしており、その時のストレスでうつ病になってしまいました。

企画開発は他部署との連携はもちろん、リリースまでの期間が決められています。

高いコミュニケーション能力と時間管理能力が必要です。

自分のペースで仕事ができる可能性は低いと思います。

品質保証

神経質なところがあるので、必要以上にこだわってしまい疲れてしまいます。

「もし自分が決めた管理基準で問題が起きたらどうしよう…。」

このように考え込んでしまうのです。

まとめ

HSS型HSPは周りの人と気質が異なるため、生きづらさを感じることが多いと思います。

しかし同時にほかの人にはない強みも持っているのです。

その強みを生かして自分の生きやすいように人生を変えていくことをお勧めします。