不労所得はやめとけと言われる理由は?

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 「不労所得に興味があるけど、なんだか怪しいイメージがある」
  • 「仕事に行くのがつらくて会社を辞めたい…。」
  • 「自由に使える時間が欲しい…。」

HSS型HSP(アクティブな繊細)ブロガーの勝又です!

不労所得…。

なんて素敵な響きでしょう…( ´艸`)

この言葉に出会ってはや1年、僕はブログという不労所得を育ててきました。

僕自身は長い時間をかけて不労所得を構築してよかったと思っていますが、世間的には「不労所得はやめとけ」という声もあります。

これはいったいなぜでしょうか?

「不労所得はやめとけ」

これを正しく言い換えると、

「働かないで稼ごうとするのはやめとけ」

になります。

残念ながら全く働かずに稼ぐ方法は存在しません。

もしあなたの周りにそのような話が回ってきたら、詐欺の可能性が高いです。

慎重に対応しましょう。

では「不労所得」は夢物語なのかというと、実際に存在しています。

不労所得は正しい知識を身に着けることで、自由な時間が増えたりお金に悩むことなく生活することができます。

この記事では、世間的に「不労所得はやめとけ」と言われる理由や、正しく理解して資産を増やす方法を解説していきます。

あなたに合った不労所得を、一緒に見つけていきましょう٩(ˊᗜˋ*)و

不労所得とは?勤労所得との違い

労働は「だれが働くか」で2種類に分けられる

働き手自分(勤労所得)自分以外(不労所得)

労働は「だれが働くか」で2種類に分けられます。

自分が働いて稼ぐものを「勤労所得」

自分以外が働いて稼いでくれるものを「不労所得」

といいます。

勤労所得とは

勤労所得とは自分の時間を使って稼ぐ労働のことです。

アルバイトや会社員がその代表です。

ほとんどの人は勤労所得で生計を立てているのではないでしょうか?

勤労所得のメリットは働いただけ収入を得ることができます。

毎月一定の収入が約束されるので、安定した生活が送れます。

逆に勤労所得のデメリットは、働く時間を確保しないと常に確保しないと収入が途絶えてしまうことです。

※スマホは横にスクロール可

働き手自分
(=勤労所得)
自分以外
(=不労所得)
自分以外
(=不労所得)
種類時間比例型資産運用型資産蓄積型
特徴自分の時間を切り売りするお金や土地などの資産
を運用して収入を発生させる
自分で生み出した資産
が収入を発生させる
職業アルバイト
公務員
会社員
投資家ブロガー
youtuber
漫画家
利点働いた分は収入がある
安定している
労働がほぼ不要少ない生産物が収入になる
時間や場所に縛られない
欠点働かなければ収入がない
労働時間は労働に注力する必要がある
リスクがある
元本(軍資金)が必要な場合がる
生産物が収入になるとは限らない
収入を発生させるまでに時間がかかる

不労所得とは

不労所得とは、自らの労働によらず得られる所得のことです。

自分の代わりに『資産』が働いてくれます。

『資産』とは具体的に

  • お金
  • 土地
  • 生産物(書籍やブログ)

などがあります。

不労所得は働いてくれる資産の種類によって『資産運用型』と『資産蓄積型』に分かれます。

不労所得の種類① 資産運用型

資産運用型の特徴は、お金や土地などの資産を運用して収入を得ることです。

代表的な職業はトレーダーや投資家です。

労働がほとんど不要というメリットがあります。

反対にデメリットは資産の価値が下がって損失を出すリスクがあることです。

※スマホは横にスクロール可

働き手自分
(=労働所得)
自分以外
(=不労所得)
自分以外
(=不労所得)
種類時間比例型資産運用型資産蓄積型
特徴自分の時間を切り売りするお金や土地などの資産
を運用して収入を発生させる
自分で生み出した資産
が収入を発生させる
職業アルバイト
公務員
会社員
投資家ブロガー
youtuber
漫画家
利点働いた分は収入がある
安定している
労働がほぼ不要少ない生産物が収入になる
時間や場所に縛られない
欠点働かなければ収入がない
労働時間は労働に注力する必要がある
リスクがある
元本(軍資金)が必要な場合がる
生産物が収入になるとは限らない
収入を発生させるまでに時間がかかる

不労所得の種類② 資産蓄積型

資産蓄積型の特徴は、自分で生み出した資産が収入を生んでくれることです。

イメージしやすい職業としてブロガー、youtuber、漫画家などがあります。

メリットとして、資産は自分で生み出すためコストがあまりかからないことです。

デメリットは、成果が出るまでに時間がかかることと、必ずしも努力が報われるとは限らないことです。

以下の記事では無駄な努力をせずにブログを不労所得化する方法を解説しています。

※スマホは横にスクロール可

働き手自分
(=労働所得)
自分以外
(=不労所得)
自分以外
(=不労所得)
種類時間比例型資産運用型資産蓄積型
特徴自分の時間を切り売りするお金や土地などの資産
を運用して収入を発生させる
自分で生み出した資産
が収入を発生させる
職業アルバイト
公務員
会社員
投資家ブロガー
youtuber
漫画家
利点働いた分は収入がある
安定している
労働がほぼ不要少ない生産物が収入になる
時間や場所に縛られない
欠点働かなければ収入がない
労働時間は労働に注力する必要がある
リスクがある
元本(軍資金)が必要な場合がる
生産物が収入になるとは限らない
収入を発生させるまでに時間がかかる

不労所得になる仕事

資産蓄積型と資産運用型の具体的な仕事内容について紹介したいと思います。

まずは資産蓄積型の仕事についてです。

資産蓄積型の仕事

資産蓄積型は、自ら資産を作り上げるのが仕事です。

資産の例を表にまとめました。

仕事資産収入源
ブロガーブログ記事アフィリエイト
広告料
youtuber動画広告料
漫画家漫画印税
ミュージシャン楽曲印税

上記で紹介した中で最も参入障壁が低いのはブロガーでしょう。

私自身もブロガーです。

検索エンジンからアクセスを集め、アフィリエイトや広告料を収入とします。

デメリットは、成果が出るまでに時間がかかることと、必ずしも努力が報われるとは限らないことです。

参入障壁は低いですが、正しく取り組まないと結果を出すことは難しくなります。

似た仕事としてwebライターがありますが、webライターは「勤労所得」になります。

勤労所得なので労働した分だけ収入になりますが、作成した記事はクライアントに納品することになるので自分の資産にはなりません。

webライターで記事を書くスキルを磨いて、後々自身のブログを育てるというのもいいと思います。

不労所得に取り組む際の注意点

デメリット
  • 実質不労ではない
  • 損失を出すリスクがある
  • 詐欺にあう可能性がある

実質不労ではない

不労所得と聞いて「働かなくていいんだ!」と歓喜した人はご注意ください。

何もないところからは何も生まれないように、不労所得でもお金を生み出す準備をする必要があります。

投資であれば、利益が見込める投資先を見つける必要がありますし、ブログであれば記事を書かなければいけません。

損失を出すリスクがある

不労所得は必ず稼げることが保証されたものではありません。

投資であれば所有する資産の価値が下がれば損失になりえますし、ブログであれば、時間をかけて作った記事が全く読まれず労力が無駄になるかもしれません。

大切なお金を減らしてしまうリスクもあることを理解しておきましょう。

詐欺にあう可能性がある

不労所得を得るのは簡単なことではないため、うまくいかないと

「もっと簡単な方法はないかなぁ」

と考えてしまいます。

その心のすきを詐欺師たちは狙ってくるのです。

「ほったらかしで月10万円」「クリックだけで稼げます」

と甘い言葉を並べて誘惑してきます。

これが本当だったら、世の中お金持ちだらけです。

簡単に稼げる方法などこの世に存在しないと肝に銘じましょう。

よくあるのがネットワークビジネスやマルチ商法です。

不労所得のメリット

これまでデメリットを挙げてきましたが、それでも余りあるメリットが存在します。

メリット
  • 時間的余裕が生まれる
  • お金について悩まなくなる
  • リスクを分散できる

時間的余裕が生まれる

資産を生み出すことができれば、今度はそれが価値となり、お金を生んでくれます。

走り出すまでが大変ですが、そのあとは時間的な余裕が生まれるでしょう。

その時間を新たな不労所得の構築に充ててもいいですし、今まで忙しくてできなかったことにチャレンジすることもできます。

お金について悩まなくなる

今の生活はそのままにプラスで収入が入ってくるので、節約に頭を悩ませることがなくなります。

今までは「高くて買えないな」と思っていたものでも、値段を気にせずお買い物が出来たりします。

毎日の生活にゆとりが出るのも不労所得のメリットです。

リスクを分散できる

労働型収入は、労働を止めてしまえば収入は発生しません。

人生は何が起こるかわからないため、できるだけリスクは減らしたいですよね。

そんなとき不労所得が力を発揮します。

もし働けなくなっても、不労所得があれば不安が少なくて済みますよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

不労所得は正しく取り組むことで多くのメリットをもたらしてくれます。

みなさんも自分に合ったものを見つけてチャレンジしてみてくださいね。